スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

男たちの大和

そもそもMaeMaeとsyagoくんに誘われた理由が
「3人以上で見に行けば1人¥1,000になるから」だったんですが。
けどですよ?
この3人以上の定義が高校生3人以上大学生3人以上な訳で。
・・・ねぇ?
君たちは高校生ですけど。

ていうか他の子に声をかけようと思わなかったのか。
って聞いたら「んー。。。」って返事が。
変じゃろ普通。
高1の男の子2人がですよ?
映画行こうと思ってしかも戦争物な訳です。
そこでなぜ年の違う(一応)女のあたしを選ぶのか。
いや、性別のトコロはこの際無視したとして。
同じ歳の子と行けよ。

というわけで、チケット売り場であっさりと生年月日詐称。
「風樹さんなら高校生に見えるって」
と喜んで良いんだか良くないんだか判らないことを前にsyagoくんから言われてますが、(自慢できないけど)実年齢より年下に見られること多いです。
高2の時に中2と間違えられてますから。
 「今何年ー?」
 「2年です」
 「へー、じゃぁ来年高校受験かー」
  Σ
みたいなね(遠い目

でも誘ってくれた2人に感謝です。
邦画って映画館に見に行ったりしないからなんか新鮮でしたし
誘って貰ってなかったらきっと見てないし。
亡国のイージスも蝉しぐれも見れなかった。
気が付けばチョコレート工場も終わってるしハリポタも終わりそう。
なので、ありがとうでした。


確かにちょっと興味ある映画ではありましたが所詮戦争物と、高をくくってました。
どうせいっぱいバトってその中に恋愛絡んでる位だと。
で、どっちかっていうと恋愛面で泣かせるのかなーって。
ほんと、すいませんでした。
もうなんていうか少年兵たちの覚悟とか思いとか、、、
映画の途中で何度もぼろぼろ泣いてました;
持ったチケットの加減で隣はMaeMaeだったんですが、絶対ばれてたー(>_<)

いや、まぁそれはどうでもいい。
私たちの世代って全く戦争なんて知らずに生きてます。
父親の少し上位の人たちなら終戦後すぐとかに生まれてて
ちょっとは知ってたり見てたりするのかもしれませんが
私なんて精々祖父母が体験している位です。
当時の16歳がどんなことを考えていたのか、
どんな思いで戦争に行っていたのか、
想像することは出来ても判ることは出来ません。
16歳。
高校1年生です。
奇しくも、今日一緒に行った2人くらいな訳です。
どうして高校生が「死」の覚悟をして戦闘に向かうのか。
周りでどんどん人が死んでいく中で戦い続ける。
一緒に学んだ友達や上官があっさりと死んだり苦しんだり。

今の日本は平和です。
どこかの国と戦争している訳でもなく、内戦がある訳でもない。
だから私は戦争で死んでいった人たちを言葉は悪いですが過去の人と見ています。
でも、今だって戦争をしている国は沢山あって。
そんな国だともっと小さな子供たちが武器を持って戦って死んで行ってる。

例えば今戦争になって、私の周りの人たちが兵隊にとられたら。
弟、先輩、クラスメイト、後輩。
年齢的に当てはまるんですよね。
そしてその人たちが戦死しましたって言われて遺骨も帰ってこなかったら。
きっと今の想像を遙かに超えるぐらい哀しくて悔しくて辛くて。

平和ボケしてると言われる日本ですが、私はそのことにとても感謝します。
少なくとも大切な人たちを、政治家たちの都合で死なすことはない。
大切な人たちを人殺しにされる心配もない。
これってとても幸せなんじゃないでしょうか。


きれい事なんだろうけど、映画に影響されてるんだけど
そんなことを考えました。
スポンサーサイト



2006-01-15(Sun) 23:39| 未分類| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iromigusa.blog39.fc2.com/tb.php/78-aa4909e1

プロフィール

風樹

Author:風樹
Macを好む化学系農学人間。現在医療畑も耕し中。
元は工学ですが、耐えられなくなった為(笑)進路変更しました。

属性:関西人

つぶやき

リンク

過去の足跡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。